【若手イニシアティブセミナー】

若手イニシアティブメンバーは、外部の方々からのセミナーを積極的にオーガナイズしています。皆様ぜひ奮ってご参加下さい。     

  詳細は演題をクリックして下さい。

<予定のセミナー>

<終了したセミナー>

第30回
演題 β−Amyloid GNNQQNY Fibres: Thermodynamic,
Mechanics and a bit of Kinetics
演者 Dr. Gianluca Savini (Osaka University)
日時 2009年7月17日(金)16:00〜17:00 
会場 総合研究棟D311室
世話人 Hall Damien
第30回
演題 パーキンソン病遺伝子産物Parkin が制御するミトコンドリア品質維持機構
演者 田中 敦 博士(National Institute of Neurological Disorders and Stroke, NIH)
日時 2009年7月13日(月)13:00〜 
会場 下田臨界実験センター第一研究棟3階セミナー室
世話人 谷口俊介
第29回
演題 Cellular Cartography: Mapping Protein Transport &
Interactions in Living Cells with Image Correlation Spectroscopy
演者 PROF. PAUL WISEMAN (McGILL UNIVERSITY)
日時 2009年6月10日(水)19:00〜20:00 
会場 総合研究棟D311室
世話人 Hall Damien
第28回
演題 タンパク質の分解・安定化による高等植物の概日時計制御メカニズム(〜新規青色光受容体F-boxタンパク質ZEITLUPEを介した概日時計の制御機構〜)
演者 藤原すみれ博士(理化学研究所植物科学研究センター)
日時 2009年6月5日(金)14:00― 
会場 遺伝子実験センター211
世話人 三浦 謙治
第27回
演題 AMYLOID FORMATION FROM IAPP PEPTIDE
AND LIPID MEMBRANE: MECHANISMS OF AMYLOID
ASSEMBLY AND MEMBRANE DESTRUCTION
演者 笹原健二 博士(神戸大学大学院医学研究科)
日時 2009年5月28日(木)19:00〜20:00
会場 総合研究棟D311室
世話人 Hall Damien
第26回
演題 Detection and quantitative characterization of protein-protein interactions in highly concentrated solutions
演者 Dr. Allen P. Minton(NIH)
日時 2009年5月13日(水)19:00〜20:00
会場 総合研究棟D311室
世話人 Hall Damien
第25回
演題 How Biochemistry in vitro Can Differ From Biochemistry in vivo
演者 Dr. Allen P. Minton(NIH)
日時 2009年5月12日(火)19:00〜20:00
会場 総合研究棟D311室
世話人 Hall Damien
第24回
演題 ゼブラフィッシュ視覚システムの多次元計測
演者 大綱英生 博士(University of Utah, USA)
日時 2009年5月12日(火)15:00〜1630
会場 総合研究棟D115室
世話人 丹羽隆介
第23回
演題 アンカーアウェイ法:薬剤を用いた核局在タンパク質の局在変化による機能阻害法
演者 春木宏仁 博士(NCCR Frontiers in Genetics, University of Geneva)
日時 2009年4月2日(木) 17:00〜18:00
会場 総合研究棟D115室
世話人 奥脇暢
第22回
演題 細胞内在的プログラムが神経幹細胞を休眠に導く
演者 一色孝子 准教授(国立遺伝学研究所)
日時 2009年1月13日(火) 15:00〜16:30
会場 総合研究棟A棟 111室
世話人 丹羽隆介
第21回
演題 ヒトデ幼生体腔嚢の機能について
演者 倉石 立 准教授(慶應義塾大学・生物)
日時 2008年12月17日(水) 16:00〜
会場 下田臨海実験センター第二研究棟2階実習室
世話人 丹羽隆介
第20回
演題 Neural circuit underlying odor-evoked neural oscillations in Drosophila: Results from genetic, electrophysiological, and electron microscopic studies
演者 田中暢明 博士(NICH and Human Development, US)
日時 2008年12月3日(水)14:00〜15:30
会場 総合研究棟A棟 107 室
世話人 谷口俊介
第19回
演題 TGF-betaシグナルの活性勾配形成機構のダイナミックスと形態形成の多様性
演者 新見修 博士(ヘルシンキ大学 生物工学研究所 発生生物学)
日時 2008年11月26日(水)17:00〜
会場 医学修士棟2階 204
世話人 鈴木裕之
第18回
演題 細胞老化とがん抑制/Cellular senescence in tumour suppression
演者 成田匡志 博士(Cambridge Research Institute)
日時 2008年11月13日(木)16:30〜18:00
会場 総合研究棟D115室
世話人 杉山智康
第17回
演題 Ecdysteroid metabolism in insects: identification of the 26-hydroxylase, a major enzyme involved in ecdysteroid inactivation
演者 Dr. Chantal Dauphin-Villemant(フランス・パリ第6大学)
日時 2008年10月23日(木)15:30〜16:30 
会場 (独)農業生物資源研究所
世話人 丹羽隆介
第16回
演題 バイオインフォマティクスの基礎知識 〜wet実験者のかゆいとこ〜
演者 大庭良介 助教(筑波大学 基礎医学系 感染生物学)
日時 2008年9月30日(火)17:15〜18:15 
会場 医学系学系棟482室
世話人 長谷川潤、丹羽隆介
第15回
演題 走化性を制御するPIP3非依存的TorC2-PKBR1経路に関する研究
演者 大綱英生 博士(University of Utah, USA)
日時 2008年9月18日(水) 17:15〜18:15
会場 総合研究棟D117室
世話人 増本博司
第14回
演題 Molecular Changes in the Human Heart
演者 Prof. Cristobal dos Remedios (University of Sydney)
日時 2008年9月8日(月) 16:00〜17:00 
会場 筑波大学 医学学系棟4 階大会議室 (4B482)
世話人 Damein Hall
第13回
演題 Navigating One's Way Through Science - A Personal Odyssey「科学の世界での道探しー私の冒険物語」
演者 伊藤正男教授(理化学研究所)
日時 2008年7月17日(木)18:45〜20:00 
会場 総合研究棟D116室
世話人 Damien Hall、永宗喜三郎、奥脇暢
第12回
演題 アフリカツメガエル初期胚における外胚葉決定の分子機構
演者 笹井紀明博士(理化学研究所、発生・再生科学総合研究センター)
日時 2008年7月15日(火)13:35〜14:45 
会場 医学学系棟4B482
世話人 高崎真美
第11回
演題 緑色植物比較分子遺伝学の新興モデル植物ゼニゴケ
演者 河内孝之教授(京都大学大学院 生命科学研究科)
日時 2008年7月4日(金)17:15〜
会場 筑波大学総合研究棟A棟110 公開講義室
世話人 三浦謙治
第10回
演題 Building and Maintaining Successful Overseas Collaborations「私の海外共同研究ー得たこと・学んだこと」
演者 有坂文雄教授(東京工業大学)
日時 2008年7月1日(火)18:45〜20:00  
会場 総合研究棟D116室
世話人 Damien Hall、永宗喜三郎、奥脇暢
第9回
演題 The Special Nature of Nature in Japan「日本において特別な『ネイチャー』」
演者 中村康一氏(Nature ジャパン、エグゼクティブディレクター)
日時 2008年6月19日(木)18:45〜20:00 
会場 総合研究棟D116室
世話人 Damien Hall、永宗喜三郎、奥脇暢
第8回
演題 哺乳類中枢神経回路発達の遺伝学
演者 岩里琢治博士(理化学研究所脳科学総合研究センター・行動遺伝学技術開発チーム)
日時 2008年6月13日(金) 17:00〜 
会場 総合研究棟D311室
世話人 西丸広史
第7回
演題 Intra-clonal variation in CHO cells producing a recombinant therapeutic monoclonal antibody: Implications for the Biopharmaceutical Industry
演者 Dr. Trent Munro (University of Queensland, Brisbane, Australia)
日時 2008年6月9日 12:00〜13:00
会場 総合研究棟D311室
世話人 Damien Hall
第6回
演題 Successful Interfacing with the World Scientific Community「国際社会とのインターフェース」
演者 中村春木教授(大阪大学・日本蛋白質構造データバンク)
日時 2008年6月3日(火)18:45〜20:00 
会場 総合研究棟D116室:
世話人 丹羽隆介
第5回
演題 高等植物の初期胚における体軸形成の分子機構〜シロイヌナズナ胚で非対称に発現するWOX8遺伝子の発現制御機構の解析を通じて
演者 植田美那子博士 (名古屋大学 大学院理学研究科/ドイツ・フライブルグ大学出向中)
日時 2008年5月23日(金)14:00〜15:00 
会場 筑波大学遺伝子実験センター2階セミナー室
世話人 三浦謙治、丹羽隆介
第4回
演題 Modeling Neurons: Building Connections Between Europe and Japan「ニューロンのモデル化:アントワープからカリフォルニアを経て沖縄への25年間の旅」
演者 Prof. Eric deSchutter (Okinawa Institute of Science and Technology)
日時 2009年5月22日(木)18:45〜
会場 筑波大学総合研究棟D116 室
世話人 Damien Hall、永宗喜三郎、奥脇暢
第3回
演題 Switching phenotypes, a new model for cancer progression
演者 Dr. Keith Hoek (University Hospital of Zurich, Switzerland)
日時 2008年5月13日(火)1810〜19:00
会場 総合研究棟D311室
世話人 Hall Damien
第2回
演題 分子生体学ワーキンググループ準備会
演者 自然観察から始まる分子生態学
日時 2008年4月30日−5月2日
会場 筑波大学菅平高原実験センター
世話人 田中健太
第1回
演題 サッケード適応に関与する神経回路(Neural circuits involved with saccade adaptation)
演者 小島 奉子先生(Dr. Yoshiko Kojima)
日時 2008年4月9日(水)16:00〜17:00
会場 総合研究棟D305室
世話人 西丸広史